読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インチデジタルフォトフレームの購入後レビュー 2017年度

デジタルフォトフレームを今回初めて探しましたが、量販店でも今や数種類しか置いていない。ショップの商品説明ページにこう記載されています。自動スライドショーがない。

3月16日 オススメ商品♪

2017年03月16日 ランキング上位商品↑

インチデジタルフォトフレーム【送料無料・一部地域除く】MiniHDMIの入力端子つき10インチデジタルフォトフレーム(1024x600Pixel) KEIAN [KD10HR-B]【動画】【店頭】【HDMI

詳しくはこちら b y 楽 天

解像度の割には画面も美しくなく、使い道がないので処分するしか道はありません。致命的問題として!リモコンボタンは小さく英字で文字も小さい。画像をフォルダごとに分別している場合、さらに階層が深くなり、フォルダ選択>「戻る」アイコンから矢印で横に移動させ画像選択「ENTER」という工程が必要。乾電池での運用ができるとよかったのですが・・・祖父母の画像閲覧用に。「起動時間と終了時間を指定して、本体の電源を自動でオン・オフ。。とはいえ、タブレットを使いこなせないような祖父母世代の人たちが簡単に画像閲覧できるようなものであれば需要はあると思いますが・・。手動でも画像を閲覧するまでの階層が深すぎてわかりづらく祖父母には使えません。今回は選択ミスでした。私もこの機能があればこそこれを購入しましたが!電源ON>「写真」アイコン選択>「ENTER」>「メモリーカード 」or 「USB」アイコン選択>「ENTER」>「戻る」アイコンから矢印で横に移動させ画像選択「ENTER」この長い工程を経てやっとオート再生が始まります。Wi-Fiタブレットの画像閲覧だけの操作を覚えてもらう方が高齢者には簡単でしょう。 自動再生を開始する「オート再生機能」を搭載」電源オンオフは分単位の設定は不可。あと!発送元がAmazon倉庫からでしたが!商品ページにはその説明が一切なく!大嫌いなAmazonとわかっていれば注文しませんでした。大きな画面で見易いのがすばあらしい。考えてみればタブレットが主流の時代、解像度も使い勝手も悪いデジタルフォトフレームを敢えて購入したのは選択ミスでした。電源オンでオート再生が始まる誤解を与える説明文ですが、そのような機能は断じてありません。高齢者だけでなくタブレット等を普通に使いこなせる人にとっても非常に分かりづらく面倒な操作となっています。画像のように商品箱のシールが汚く開封された跡があり不快です。